思春期前に受けるべき歯科施術を解説

子供が歯並びを気にしている時の歯科治療とは

おすすめリンク

本町で話題の矯正歯科とは

通勤通学に通いやすい本町の矯正歯科でも特に人気の高い歯科医院の魅力をお伝えします。

なぜ早いうちが良いのか

子供の歯並びが気になる場合は、6歳から10歳の間に始めるのがおすすめとされています。
理由は、この頃はまだ乳歯が残っているからです。
完全にすべての歯が永久歯に変わってしまうと、歯並びを整えるためのスペースがなくなり、矯正する際に抜歯をしてわざわざスペースを空けなければいけません。
痛みが発生する治療は、子供の身体に負担を与えます。
永久歯に生え変わる年齢からでも矯正ができますので、子供が気にしているようだったら歯医者に連れて行きましょう。

歯並びを矯正するのが子供でも、基本的な方法は大人と変わりません。
ブラケットや、マウスピースを使って少しずつ歯並びを元に戻していきます。
ブラケットにはプラスチック製とセラミック性があり、前者だと費用が安く済みます。
後者の場合は目立ちにくい面がメリットなので、子供と相談して選んでください。
また目立たないことを優先するなら、歯の裏側にブラケットを付けることができないか歯医者に相談しましょう。

取り外しができるというのが、マウスピース矯正の大きなメリットです。
取り外せるおかげで負担が少ないですし、しっかり歯を磨けます。
ブラケットを付けたままでは、どうしてもその部分の歯磨きが疎かになりやすく、汚れが残って虫歯を発症するリスクが高まります。
またマウスピースやブラケット装着する期間が終わったら、次は保定装置を装着する期間に移ります。
しっかり保定装置を付けないと、歯並びがまた不揃いになってしまうので注意しましょう。

TOPへ戻る