子供が歯並びを気にしている時の歯科治療とは

歯並びをきれいにしてコンプレックスを解消しよう

永久歯になる前に始める

小さい子供が歯並びを矯正するなら、早いうちが良いと言われています。
具体的に言うと、6歳から10歳頃が良いでしょう。
この時期は、乳歯が永久歯に生え変わる時期です。
人間は10歳を超えると、完全に永久歯に生え変わります。
生え変わった後に矯正する際に抜歯が必要となり、負担と手間が増えます。
まだ乳歯の段階なら、矯正器具を使うことでスペースを開けられるので、子供に与える負担を削減できる面がメリットです。

子供が歯並びを気にしていたら、矯正という方法があると教えてあげましょう。
歯並びがそのままだと、周囲からいじめられる原因になることもあります。
子供が傷つかないよう、早い段階で対処した方が良いので、とりあえず歯医者に相談しに行きましょう。

正しく永久歯が生えるようにしよう

6歳から10歳のまだ乳歯が生えている時期なら、顎の成長を促したり、抑制したりできます。
具体的には舌の癖を改善するマウスピースや顎の成長を正す装置を使い、永久歯が正常な形で生えるようスペースを確保します。
成長過程で歯並びが悪くなることを避けられます。
歯並びが悪いと見た目が悪いだけでなく、口をうまく閉じられません。

口が閉じられないと常に口内が乾燥し、虫歯や歯周病を発症しやすくなります。
肩こりや頭痛を頻繁に発症するなどの被害も見られるので、矯正できるのであればそうした方が良いです。
子供の歯並びの矯正に、慣れている歯医者に行きましょう。
歯医者なら子供でもわかるように、医師が優しく矯正の手順を説明してくれるので、安心できると思います。

TOPへ戻る