子供が歯並びを気にしている時の歯科治療とは

こまめに取り外せる

数時間だけ取り外せる

マウスピースの大きなメリットは、1日数時間なら取り外せることです。
歯を磨く時に取り外すことでお手入れがしやすく、虫歯の予防ができます。
矯正器具を付けたままでは歯を磨きにくく、汚れが溜まりやすいです。
虫歯になると、今度はそちらを治療しなければいけないので、余計な費用と時間が掛かります。

またマウスピースはブラケットに比べて、痛みを感じにくい面がメリットです。
ブラケットは歯に装着している時に気になったり、口内を傷つけたりするかもしれません。
慣れればそこまで気になりませんし、傷もそのうち治ります。
子供は気にするあまり何度も舌でブラケットを触り、外れてしまうことがよくあります。
外してしまうような事態を避けるためにも、マウスピースが良いでしょう。

矯正が終わった後もケアを忘れずに

矯正治療が終わって、一見歯並びが整ったように見えるかもしれません。
矯正器具を外して何もせずそのまま放置すると、再び元の位置に歯並びが戻ってしまいます。
もとに戻るような事態を避けるために、保定装置を付けてしばらく生活を送ってください。
これは矯正の際にブラケットを使った時でも、マウスピースを使った時でも変わりません。
歯医者の言うことをきちんと聞き、決められた期間内はずっと保定装置を付けましょう。

生活を送っている中で保定装置が外れた場合は、すぐ歯医者に行って付けてもらいましょう。
いざという時のためにもいつでも相談できる、近くの歯医者に通うのがおすすめです。
遠い歯医者だとトラブルが起こった時に行きにくく、対処が遅れてしまうことがあります。

TOPへ戻る